数々の調べたい事は、探偵などプロに依頼をして調べてもらう

手を組んでいる男性

探偵業の昔と今

白金耳

探偵は、人が秘密にしていることを極秘で調査すること、そしてそれを職業としている人のことを言います。探偵は勝手に依頼もなく張り込みなど情報収集をすることはなく、依頼人と会って話しを聞いてから面接によって情報を集めた後に調査を行い、依頼人に状況報告をしてから、依頼料をもらいます。探偵業の適性化をはかるために、営業を行うためには事務所や会社の所在地などを、警察を通じて公安委員会に提出する義務があります。 探偵の起源は、19世紀にフランスのパリ警視庁が考案したことがきっかけで、日本では1891年に詐欺師や盗人の所在を調べるために、他人の行動調査に乗り出したことがきっかけで探偵が現れるようになりました。 元々は犯罪を取り締まるために現れたのが探偵ですが、現在では失踪者などの行方が分からない人を探したり、浮気調査も取り扱っているため、警察などの組織だけでなく、個人でも探偵を依頼しているケースが増えてきています。

探偵業というのは、色々と張り込みをしたり、ものを探したり、証拠の写真を撮ったりすることになります。ですから、ややグレーなこともするので、キチンと管理しておく必要があります。そのため、許可制であり、それは警察、さらに詳しく言えば、公安委員会の管理下にあります。 探偵業というのは、実は明治からあるのですが、高度経済成長期と共に伸びてきた業界です。そして、今のトレンドとしては伸び悩みがあります。そこで多くの探偵業がやっているのが警備業もやる、ということです。これが意外とよい方法であり、成功しているところがいくつかあります。警備業も探偵業と同じで警察の管理下にある事業であり、似ているといえば似ています。 ですから、やるわけです。